実は、我が家のロボロフスキーハムスターのくぅちゃんが、10月の中旬に腫瘍が見つかったため手術をしました。

ある日、くぅちゃんを眺めていると、お腹のあたりに黒いデキモノが出来ていたんです・・・。
普段からちょこまか動いてお腹をじっくり見ることは出来なかったので、全然気付かなかったんです。

その時は見た感じで既に結構大きく、デキモノは直径0.5~1㎝弱くらいはありました。
見つけた瞬間、すごく胸が苦しくなったのを覚えています。くぅちゃん、もっと早く見つけてあげればよかった・・・って。

発見したのは夜で、動物病院はやっていなく不安ばかりが募っていく。そんな感じでした。
翌朝、病院へ。

先生の診断は、乳腺の腫瘍。とのことでした。
黒くなっているのは、出血を伴っているからで、この場合悪性の可能性が高いそうです。
実際、悪性かどうか?と言うのは、手術で取ったあと検査をしないと分からないそうですが・・・。

治す方法は手術だけ。お薬で進行を遅らすことは出来るけど、それでも早くて1週間で体調を崩し、そのまま・・・
と言うことも十分あり得ることなんだそうです。

手術が成功すれば、すっかり良くなるけど、手術には相当なリスクがあるようなんです。
麻酔をすること自体も危ないし、手術中にたくさん出血すればそれも命を落とすことに繋がります。
あとは、くぅちゃんの持っている力にも関係するようです。

でも、成功すれば、また元気に暮らせる!信じるしかない!

と、その日の夜に手術の予約を取りました。
普通に順調に進めば、次の日の朝には退院出来ると聞いてびっくりしましたが。
 
手術が終わった時点で、様子をお電話してくれることになったので、ドキドキしながら待ちました。

結果、無事手術成功!!
嬉しくて、泣きました。

約束通り、翌朝お迎えに行くと、元気に回し車で遊んでいましたー♡
すごい回復力!

先生に取った腫瘍を見せていただき、説明を受け、退院★
おうちに帰ってきたからは落ち着かないのか痛いのか、ずっとケージの壁をシャカシャカやってましたが、 本当に良かった!

これからは、異常にもっと早く気付けるように、しっかり観察しよう。と、強く思いました。
一度腫瘍ができた子は、再発する可能性が高いそうなので・・・。

くぅちゃん、頑張ってくれてありがとう♡
先生にも感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

image
経過報告のために通院した時のくぅちゃん。乾燥コーンを一生懸命食べてました♡

今日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました★