新I love ハムスター ハムスターの飼育日記&グッズレビュー

我が家の愛ハムの飼育日記と、飼育グッズやエサのレビューを綴っていきます。 ペットがいると楽しい!と言う事をお伝えできれば良いな、と思っています。

病気

【ハムスター】臭いに関するアレルギーについて

今日、獣医さんにハムちゃんに起こるアレルギーのことを伺ってきました。

獣医さんに行った理由は、我が家のモモンガちゃんの定期的な検査の件があったからです。


数日前にペット用の臭い消し(芳香剤)の記事を書いたのですが、実はちょっと気になることがあったんです。

それは、芳香剤の匂いが動物さんたちに有害なんじゃないかな?

っていうこと。

獣医さんのお話では、芳香剤の匂いに対してアレルギー反応を起こす子も、中には居るとのことでした。
もちろん、起こさない子も居ます。
個体差だけど、ハムちゃんの見た目では分からないことだから、やっぱり使わないほうが良いみたいです。

特にハムちゃんたちは体が小さいから、気を付けてあげなくちゃいけないですよね。

ということで、ペット用の消臭剤をおすすめした記事は削除しました。
よく確認せずにおすすめしてしまって、申し訳ございませんでした。

あと、匂いに関するアレルギーについては、アロマやお香、そしてお灸も、アレルギーを起こす子が居るみたいです。

獣医さんのお話によると、1度目ではアレルギー反応は起きず、2度目3度目で起こるものなので、使うときはしっかり様子を観察してあげてくださいね、とのことでした。

アレルギーは最悪、死に至ってしまうものなので、我が家でも十分に気を付けようと思います!

今日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました★

ロボロフスキーハムスターくぅちゃん♡ありがとう

久しぶりの更新になってしましました・・・。
実は、我が家のロボロフスキーハムスターのくぅちゃんが、11月11日に亡くなってしまいました。 

【ロボロフスキーハムスター】くぅちゃん腫瘍が見つかり手術しました でもお話ししましたが、10月の中旬に乳腺の腫瘍が見つかり手術をしたばかりだったんです。

でも、その後割とすぐに出血が見られるようになり、 再度病院へ行ったんです。
最終的に、子宮と卵巣を取る手術をすることになったんですね。

色々と調子が悪く診ていただいた結果、体質的に婦人科系の病気に弱いことが分かったくぅちゃん。 

助ける方法は、手術しかない・・・
と言うことだったので、リスクが高い手術で少し迷いましたがお願いすることにしたんです。 

手術を決めた日の夜に、早速やっていただきました。
前回同様、手術が終わったらすぐお電話をいただけることになっていました。

すごくドキドキしました。
結果は手術成功で、麻酔も覚め始めてるとのことでした。

2日後にお迎えに行きましたが、ヨタヨタしていて辛そうなくぅちゃんを見て心が痛みました。
でも、本当に頑張ってくれてありがとう!!と言う気持ちでいっぱいになりました。
先生からは、ご飯をほとんど食べていないので危険な状態です。と言われましたが、慣れた環境でゆっくりしたほうが良いと、お家に帰ることに。

ヒーターとエアコン両方使いお部屋を暖かくして、ケージの上からタオルを被せゆっくりしてもらいました。
ご飯も好きなものを好きなだけあげて良いと言われたので、かぼちゃの種や乾燥豆腐、イチゴ等色々あげてみました。
でも、やっぱりどれも食べられず・・・。

歩くことも辛いのに、一生懸命やろうとする姿は、本当に素晴らしくて涙がたくさん出ました。
それと同時に、ごめんね・・・。 そんな気持ちもありました。

その後もご飯は食べられず、午後8時頃亡くなってしまいました。

しばらくは泣いて泣いて、悲しくて苦しくて仕方なかったです。
ありがとう、ごめんね。そんな気持ちでした。
今でも、あの一生懸命な姿を思い出すと、苦しくなります。

でも、本当に頑張ったくぅちゃん。動物の力って凄い。そう思います。
くぅちゃん、たくさんの思い出ありがとう。
いつまでもいつまでも、 ママとパパはくぅちゃんのことが大好きだよ。

そして、ジャムちゃんの時にお世話になった、動物の園で火葬をお願いしました。 

お手紙とおやつ、お花を持って行ってもらいました。
くぅちゃん、ジャムちゃんに会えたかな?
本当にありがとう。ゆっくり休んでね。

image

今日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました★
 

【ロボロフスキーハムスター】くぅちゃん腫瘍が見つかり手術をしました

実は、我が家のロボロフスキーハムスターのくぅちゃんが、10月の中旬に腫瘍が見つかったため手術をしました。

ある日、くぅちゃんを眺めていると、お腹のあたりに黒いデキモノが出来ていたんです・・・。
普段からちょこまか動いてお腹をじっくり見ることは出来なかったので、全然気付かなかったんです。

その時は見た感じで既に結構大きく、デキモノは直径0.5~1㎝弱くらいはありました。
見つけた瞬間、すごく胸が苦しくなったのを覚えています。くぅちゃん、もっと早く見つけてあげればよかった・・・って。

発見したのは夜で、動物病院はやっていなく不安ばかりが募っていく。そんな感じでした。
翌朝、病院へ。

先生の診断は、乳腺の腫瘍。とのことでした。
黒くなっているのは、出血を伴っているからで、この場合悪性の可能性が高いそうです。
実際、悪性かどうか?と言うのは、手術で取ったあと検査をしないと分からないそうですが・・・。

治す方法は手術だけ。お薬で進行を遅らすことは出来るけど、それでも早くて1週間で体調を崩し、そのまま・・・
と言うことも十分あり得ることなんだそうです。

手術が成功すれば、すっかり良くなるけど、手術には相当なリスクがあるようなんです。
麻酔をすること自体も危ないし、手術中にたくさん出血すればそれも命を落とすことに繋がります。
あとは、くぅちゃんの持っている力にも関係するようです。

でも、成功すれば、また元気に暮らせる!信じるしかない!

と、その日の夜に手術の予約を取りました。
普通に順調に進めば、次の日の朝には退院出来ると聞いてびっくりしましたが。
 
手術が終わった時点で、様子をお電話してくれることになったので、ドキドキしながら待ちました。

結果、無事手術成功!!
嬉しくて、泣きました。

約束通り、翌朝お迎えに行くと、元気に回し車で遊んでいましたー♡
すごい回復力!

先生に取った腫瘍を見せていただき、説明を受け、退院★
おうちに帰ってきたからは落ち着かないのか痛いのか、ずっとケージの壁をシャカシャカやってましたが、 本当に良かった!

これからは、異常にもっと早く気付けるように、しっかり観察しよう。と、強く思いました。
一度腫瘍ができた子は、再発する可能性が高いそうなので・・・。

くぅちゃん、頑張ってくれてありがとう♡
先生にも感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

image
経過報告のために通院した時のくぅちゃん。乾燥コーンを一生懸命食べてました♡

今日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました★
 
記事検索
メッセージ
ギャラリー
  • 【ジャンガリアンハムスター】ふくくんの近況
  • 【ジャンガリアンハムスター】ふくくんの近況
  • 【ジャンガリアンハムスター】ふくくんの近況
  • 【ジャンガリアンハムスター】ふくくんの近況
  • 【ジャンガリアンハムスター】ふくくんの近況
  • 【ジャンガリアンハムスター】ふくくんの近況
  • 【ジャンガリアンハムスター】ふくくんの近況
  • 【ジャンガリアンハムスター】ふくくんの近況
  • 【ハムスター】福くんの面白可愛い画像集
ハムちゃんズ★プロフィール
長女♡ジャムちゃん
jhv
ジャンガリアンハムスターの女の子。
2015年5月23日に約4歳で、お星さまに・・・。
私に沢山の感情と経験をプレゼントしてくれた、大切な子。

次女♡くぅちゃん
jhv
ロボロフスキーハムスターのくぅちゃんは、とっても臆病で繊細な女の子。
ちっちゃい体がキュートで、粟が大好物★

三女♡ももちゃん
jhv
我が家で一番温厚なゴールデンハムスターのももちゃん。
噛んだりすることもなくとってもいい子。
でも、ちょっぴりビビリさん。